ヤスミンの有効成分は、ドロスピレノンとエチニルエストラジです。これらの有効成分は、バイエル社(ドイツ)が合成した黄体ホルモンと卵胞ホルモンであるD-ロスピレノンとエチニルエストラジオールです。ヤスミンの有効成分は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つの女性ホルモンです。ヤスミンは、2種類の女性ホルモンを微量に含む低用量ピルです。有効成分は、黄体ホルモンであるドロスピレノン3mgと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.03mgです。ホルモンの含有量が少ないため、超低用量ピルと呼ばれます。第4世代と呼ばれる最も新しい世代のピルで、バイエル社が販売しています。

バイエル社は150年以上の歴史を持つ世界20大製薬会社の一つで、ドイツに本社を置き、世界各国で展開しています。ヤスミンは、このバイエル社が開発し、2001年に米国FDAで承認された低用量ピルです。低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れることで、脳下垂体は「女性ホルモンが多い=妊娠している状態」と理解し、卵胞の成熟、排卵、子宮内膜の成長を制限します。

バイエル社は、天然型黄体ホルモンに近いドロスピレノンの薬理作用に着目し、ドロスピレノンと全エチニルエストラジオールの配合剤(ドロスピレノン3mg/全エチニルエストラジオール3mg)を経口避妊薬として開発し、2000年にオランダで認可を取得しました。有効成分のドロスピレノンは利尿作用があるため、従来のピルよりも副作用が少ないのが特徴です。ヤスミンは、有効成分を和らげた超低用量ピルです。避妊効果に加え、月経転換、更年期障害・月経不順の進展、ニキビ予防にも効果があり、幅広い作用が期待されます。低用量ピルよりも副作用が少ないため、過去にピルを服用した際に副作用に悩まされた購入者や、ピルに抵抗があるユーザーにもおすすめです。

ヤスミンはバイエル薬品が開発した第4世代に属する超低用量ピルで、低用量ピルよりも体重増加、むくみ、ニキビなどの副作用が少ない経口避妊薬です。定期的に補充することで排卵の循環をコントロールし、望まない妊娠を防ぐことができます。ヤスミンは、従来の低用量ピルよりも混合ホルモンの含有量が少ないため、超低用量ピルとも呼ばれています。低用量ピルには多くの種類があり、初代から4世代に分類されていますが、ヤスミンは最新の第4世代低用量ピルです。

月経周期を整える効果もあり、外部から女性ホルモンを加えることで適応させることができます。また、低用量ピルでは発症することも多いニキビの副作用に悩む女性にもおすすめです。合成卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが0.03mg、黄体ホルモンであるドロスピレノンが0.3mg含まれており、下垂体に作用して性腺刺激ホルモンであるゴナドトロピンの分泌を抑え、排卵を抑制するものです。

ヤスミンは、月経困難症に対して使いやすい治療効果があると言われています。また、体重増加やニキビなどの副作用が起こりにくい、使いやすい低用量ピルです。これらの合成開始黄体ホルモンと卵胞ホルモンは、下垂体に作用して卵胞ストレスホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を抑制します。その結果、排卵がなくなります。

ヤスミンは活力ある第4世代の低用量ピルになります。避妊だけでなく、むくみの解消、ニキビの治療や保護、更年期障害の調整などにも効果があります。副作用が少ないので、人気のある避妊薬です。ピルを飲んで副作用に悩まされたお客様、ピルに抵抗があるお客様、副作用を軽減したい初めてのお客様にもおすすめです。