アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは、排卵のテンポを遅らせて受精するのを防ぐため、強制的に妊娠しない状態をつくりだします。アイピルは、避妊に失敗したときに有効で、1回だけ服用すれば大丈夫です。行為後24時間以内であれば、95%の避妊効果があります。

レボノルゲストレルは、世界保健機関(WHO)が実施した大規模な国際臨床試験の結果、高い有効性と安全性が確認され、1回の服用で効果が得られることから、緊急避妊法として広く使用されるようになりました。アフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品は価格が安いことも人気の理由の一つで、予期せぬ妊娠を防ぐためのお助けグッズでもあります。WHOの必須医薬品目録に掲載されており、レボノルゲストレルを用いた緊急避妊法も国際的に参考とされています。

は緊急避妊薬であり、ノルレボのジェネリック医薬品です。避妊ミス発見後24時間以内の服用で95%の効果があるとされています。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルの緊急避妊効果は、ノルレボ錠の先発品を使った臨床試験で確認されています。臨床試験は、63名の女性を対象に、性交後72時間以内にノルレボ錠1.5mgを投与して開始されました。その結果、63人中62人の女性が緊急避妊に成功しました。これらの研究をもとに、避妊率(避妊に成功した割合)の名安が算出されました。アイピルの効能が現れ始めるのは、使用後3時間を過ぎてからです。排卵の遅延や調節は、アイピルの効果が発揮されるのと同時に開始されます。アイピルによる避妊に成功したことを確認するためには、次の出血または限られた期間が経過するまで、市販の妊娠検査機器などを使用することが必要です。

アフターピルは、低用量ピルとは異なり、日中専用のピルであるため低用量ピルのような手間がなく、日中の好きな時間に服用することができるのが特徴です。そのため、いざという時のためにアイピルをあらかじめ携帯している人も多いようです。海外では、緊急避妊が必要になった場合、ドラッグストアなどで緊急避妊薬を手に入れることができます。しかし、日本では市販されておらず、クリニックで処方してもらう必要があります。避妊ができない場合、危険な状況で避妊をする必要があるかもしれません。そのような時にアイピルは役立ちます。

妊娠阻止率とは、あらかじめ予想される妊娠数に対して、実際に発生した妊娠数の割合として算出される数値です。臨床試験における妊娠保護率は概ね81%であり、高い緊急避妊率を示しています。アイピルを服用する際のポイントは、行為後72時間以内に水やぬるま湯で服用することです。なるべく24時間以内に体内に取り込むことで避妊率が高まり、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約85%の避妊効果があるとされています。行為が終わった後、できるだけ早く服用することが推奨されております。

アイピルは、世界中の多くの女性に利用されているアフターピルの一つです。緊急避妊薬は1960年代から使用されていますが、当時の緊急避妊薬は乳房の腫れや嘔吐などの副作用に悩まされ、使い勝手の悪いものでした。その後、副作用を防ぐために、黄体ホルモンの一つであるノルゲストレルという成分を含む緊急避妊薬が作られました。アイピルは、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。レボノルゲストレル配合したアイピルは、先発品のノルレボ錠と同様の妊娠阻止確率が期待できます。

i-pill(アイピル)は、インドの有名な製薬会社であるピラマル・ヘルスケアが開発した緊急避妊薬(アフターピル、モーニングアフターピル)です。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、これまで使用されてきた緊急避妊法(ヤッペ法)と比較して、100%の高い妊娠阻止率を示すことが確認されています。アイピルは、従来の緊急避妊薬と異なり、副作用が少ないのが特徴です。ピル服用後、3~4日、遅くとも2週間以内に月経のような出血があれば、それは消退出血と呼ばれます。避妊が成功したと判断する基準です。